FC2ブログ

小僧のルーツ(番外編)  







天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず(福沢諭吉)







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー








お久しぶりです、小僧です。






大分期間が空いてしまいましたが、久しぶりにブログの更新をしていきたいと思います。







ここまでの1年弱の間に沢山の事があり、ブログが放ったらかしになっていまいました。







とは言え、ビジネスの話しをしてもワクワクしないと思うので、ここまでの小僧ルーツの話をしようと思います。


 




長くなるので、お時間のある方は暇つぶしに読んでもらえると嬉しいです!







それじゃあ小僧ルーツのお話、始まるよーーー\(^o^)/








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







さかのぼる事、6年前。






小僧は、都内の某専門学校の忘年会会場にいた。






全クラス合同の忘年会、いたずらな幹事の配慮により他クラスの女の子が自分の前の席に座ってきた。







すらっと身長が高く、ショートヘアがよく似合う女の子。






ファッションモデルの仕事をしつつ、専門学校に通っていた彼女。






とても明るい性格と暖かい笑顔は周りの男達を引き寄せた。







そして僕も、気づかない内に彼女の笑顔に引き寄せらた1人だった。







あまりタイプの顔ではなかったけれど、彼女の性格、しぐさ、話せば話すほど彼女の事を知りたくなった。






彼女を思う気持ちが恋へと発展するまでに、そこまで時間はかからなかったし、それと同時に女の子の事を性格で好きになるのは初めての経験だった。






共通の話題や話が合った事もあり、彼女とメールを重ね、ご飯にいき、デートに誘い、僕は彼女に告白をした。







返ってきた言葉は







" こちらこそ、よろしくお願いします^ ^ "








そこから、彼女と小僧は付き合う事になった。







彼女との時間はとても楽しかったし、小僧は、ますます彼女の事が好きになっていった。









ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー











月日は流れ、1年が経とうとしていたある日の放課後。






彼女は授業が終わり帰ろうとしていた。








" 一緒に帰ろう " と伝えると







" 今日は幼馴染とご飯だからゴメン! "







何も疑わず、彼女を見送る小僧。







ふと彼女に渡す物を忘れている事に気づき、ロッカーへ取りに行き、学校の裏口から近道をして彼女を追いかけた。








学校裏口の細道の奥には神社があり、ここは近道になるが、知らない人が多く中々通る人もいない








走って彼女を追いかける小僧。









すると、そこには目を疑うような光景があった。









今でもあの時の背中から全身がゾワッとする感覚は忘れない








彼女は、小僧が紹介した彼女と同じクラスになった小僧の親友と手を繋いでキスをしていた。









沢山の考えが頭を巡る。








けれど、どんなに考えても結果は " 浮気 " にたどり着いた。








頭が真っ白になり彼女に電話をした。








電話にでた彼女に " 今、どこ? "








っと伝えると









" 地元でご飯だから、もう駅に着くよ。"









彼女は小僧に嘘をついた。と同時に小僧の中で浮気を確信した瞬間だった。









ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー










月日は流れ、浮気の一件から2年が経とうとしていた。







知り合いに誘われた、とある飲み会で1人の女性に出会った。







彼女は、スタイルがよく明るい性格で、とても綺麗な女性だった。






昼はカフェで働き、夜はキャバクラで働きつつ、自分の夢を追っているという。






何事にも全力な彼女に、また小僧は惹かれていった。







ラインを交換して、一緒にランチをして、デートを重ねた。






けれども、彼女に告白をする事はなかった。








彼女を失う事が怖かった。








2年前の様になる事を恐れ、彼女を好きな気持ちに気づかないふりをしていた。







その結果、恋人でもなく友達でもない関係、気持ちが宙ぶらりんになっていた。







ピロン。







そんなある日の夜、彼女からラインが届く







" 今日仕事終わりに飲まない? "








偶然近くにいた小僧は、彼女と新宿で落ち合う事になった。








1時に新宿で待ち合わせ、知り合いに教えてもらったお店に足を運ぶ。





 


ボトルを注文して、2本目を注文。








やっぱり彼女との時間は楽しいし、癒された。







時間はあっという間に過ぎ、ふと気がつくとお店は閉店間際になっていた。







そろそろ始発も出る時間だし、お会計をしようと思っていると







" 眠くなってきちゃったんだけど、このへんで寝ていかない? "






彼女から出た言葉に驚きつつフワッとする気持ちを抑え、ラブホテルへと入る2人。








気持ちを落ち着かせようとテレビをつけるとアダルトビデオが流れる。







余計に慌てる小僧。笑







フワッとする気持ちを抑え、必死に考える小僧。






ここは、するべきなのか、しないべきなのか。






またまた好意を伝えるべきか、そうではないか。







悩んだあげく小僧は、しなかったし、好意も伝えなかった。






目が覚めて、彼女を駅まで送り別れる。







" 今日は楽しかった、また今度飲みに行こう。 "





と小僧が彼女に伝えると





" 、、、バイバイ "






また今度ねと言う返答はなく、その後に送ったラインも既読のままだった。










ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー










意見は様々だと思う、けれでも結果として小僧は彼女達にとって、魅力的な男性にはなれなかった。








浮気はする方に問題があると確かに思うけれど、果たしてする方だけが悪いのだろうか。







浮気をされて思った事は、される方も他の人に負けない魅力を提供出来ていれば浮気はなかったんじゃないかと思う事。







故に決して、浮気する方だけの責任ではないと思う事。








また大切な人がいきなり目の前からいなくなった時に思った事は、失いたくないものを失わない為に、失う怖さから逃げる事や自分の好意を伝えない事は、結果として1番大きな物を失うという事。








更に上記の逆説をたどれば







彼氏がいる女性をも魅了してしまう男、自分が狙った女性を魅了してしまう男が世の中にいる








という事。








この事を考えた時に、小僧はもっと女心を理解し魅了出来る男になりたいと思った。








そして、もっと女性に求められるような魅力的な男になりたいと思った。







見方を変えれば逃げなのかもしれないし、理解出来ない人もいるかも知れない。








それでも小僧はもっと女性との関係を増やし、女性の心が分かる男になりたいと思った。







その為に、もっと沢山の出会いを自分から捕まえに行こうとも思った。








こうして、小僧は誕生した。




















全ては、魅力的な男になり理想の美女を見つける為に。

Posted on 2016/01/22 Fri. 04:03 [edit]

category: 女性関係

tb: --   cm: 0

飲みにけーしょん ( 後編 )  

どうも、小僧です。







アップが遅くなってしまいましたが、今日は先日に書いた " 飲みにけーしょん " の後編をアップしたいと思います。







終電ギリギリのドリンクの注文が受理され、第2の舞台カラオケへと足を運ぶ事になった小僧達。







途中、たかみーが仕事の為に帰るというアクシデントがあり








女性陣 3人、男性陣2人という状況になってしまいましたが( 笑 )








そんな事には屈しず、カラオケへと足を運びます。










そう。









この時はまだ、この比率が後々の小僧を苦しめる事になるとも知らずに、、、。








_________________________________________










何はともあれ、カラオケに到着した小僧達。







まずは、純粋にカラオケを楽しみます( 笑 )







先日の記事には書きませんでしたが " 雰囲気イケメン " は、どうやら歌が上手いとも書いてあったので、実は今日の為にバラード系の歌を練習していた小僧。








(´-`).。oO( これでバッチリ歌えたら、お持ち帰りに1歩近ずくかもしれない )








曲は、中西保志 / 最後の雨







小僧 : 最後の雨っていい曲だよね!知ってる??







するとここでNAOKIが








NAOKI : いい曲だよね!じゃあ、一緒に歌う?








小僧 : いいね!じゃあ、1メロごとで!








曲が始まり、NAOKIが歌い始めます。







ここで小僧は、大変なミスをしてしまった事に気ずく。







歌い始めがNAOKIであった事、そして1メロ交代と分かりにくい説明をしてしまった事もあり、なかなか小僧にマイクが渡ってこない ( 笑 )







マイクが渡ってきたのは、1サビが終わった後。







、、、しまった。









2番目から何も分からない*\(^o^)/*









結局、女性陣の前で公開処刑をくらった小僧。








次から、ちゃんと1曲まるごと練習していこう。









少し話は脱線してしまいましたが、本題に戻ります( 笑 )







全員が1曲ずつ歌い終わった所でカラオケを止め、BGMとして音楽だけを流します。








雰囲気のいい曲を流した所で王様ゲームへと移行すべく、まずはクジで負けた2人を選び、キュンとするフレーズを言う男性パートと、それに対しての反応をする女性パートを演じるというゲームを開始 ( 笑 )








女性陣の感情が高ぶってきた所で、王様ゲームへと移行。







ハグ→ホッペにキス→キス→DKへと移行していきます。









とは言え、前編でとても難しい事だと思っていた王様ゲームという壁も " アルコールと密室 " そこに感情が加わると、あそこまでスムーズに出来る事なのかと改めて、気ずかされました ( 笑 )







王様ゲームが始まってからは、前々からNAOKIと話していた " あいうえおの法則 " を元にゲームの主導権を握っていきます。







余談ですが " あいうえおの法則 " とは、王様が男性陣だった場合に限りますが、王様が名乗った瞬間に自分の番号が1番の場合は第1声に " あ " がつく言葉、例えば " あ〜お前が王様?? " などスムーズに自分の番号を王様に伝える方法です。
これは男性陣が王様の場合に、男性と男性が何かをするという、男性側が盛り下がる最悪な事態を避ける方法になります ( 笑 )







着々と女性陣とイチャイチャする事、約1時間。







何度か王様ゲームでDKをしていた金髪が次第に仕上がっていきます ( 笑 )






しかし王様ゲームはとどまる所を知らず、再びクジを引く事に。







王様だ〜れだ??







王様ゲーム









( ゚д゚)









ここで王様が小僧に回ってくるというチャンスが( 笑 )








ここで、まずはNAOKIが







" うわぁ〜、小僧が王様か! "








よし、3番だな。







とは言え、男性2人では " あいうえおの法則 " もクソもない事に今更気ずく小僧 ( 笑 )







(´-`).。oO( さっき主導権が何たらって言ってたけど、主導権もクソもないですね )








まあ、確実にNAOKIと誰かを当てよう。








そして、そろそろお持ち帰りへと移行すべく、ペアを作って別行動をすなければ。








出来れば、仕上がっている金髪以外を( 笑 )








小僧 : おっ王様の命令は、、、









3番が4番に梅酒を口移しして、一緒に夜の街へと消えていく*\(^o^)/*








今考えたら、もはやNAOKIが3番と分かっていないと出来ない様な命令ですね( 笑 )







ただアルコールの力もあり、この提案は受理され夜の街へと消えていくNAOKIとモンロー( 笑 )







カラオケには、2人が残していったお会計と金髪と黒髪、そして小僧。








小僧 : オレらもそろそろ出ようか?






女性陣 : そうだね〜







荷物をまとめる3人。








ここで部屋を出る時にテストをすべく金髪に手を差し伸べると、、、









握り返してくる( ゚д゚)









これはいける*\(^o^)/*









そして街へと出る3人。








、、、3人?







( ゚д゚)








しまった。









黒髪をどうしよう(´Д` )









この状況になって、どうすればいいのか分からん。









いや、いっその事3人で?








いやいや、その誘い方は?








そんな事を考えていると黒髪が口を開く。










黒髪 : 私はタクシーで帰るね。








すると金髪が









金髪 : 私は電車で帰ろうかな。小僧君も電車だよね?








キター









き、きたー( ゚д゚)!!








完全に、実力でもスキルでもないチャンスが巡ってきた情けない小僧が口を開く。








小僧 : 黒髪の事、タクシーまで送って行こう♪(´ε` )?










いや、なんと言われようとお持ち帰りはお持ち帰りだ。








タクシー乗り場へと足を運ぶ3人。









女性の友情はハムより薄いってナンパ師さんのブログにも書いてあったけど、あれは本当だったのか*\(^o^)/*









これで小僧も初のお持ち帰りを、、、










金髪 : あっ、やっぱり私も黒髪と一緒にタクシーで帰るね(´・_・`)








小僧 : うん!気をつけて(^^)









、、、えっ( ゚д゚)?








バタン。










いや、えっ( ゚д゚)?








そして小僧は動揺と悔しさ、5分前までのドキドキの余韻を胸に池袋を後にするのでした。








_________________________________________









とまあ、一瞬の出来事で状況を上手く理解出来なかった小僧ですが、結果としてお持ち帰りは実現出来ませんでした。








悔しい。








実に悔しい。








ただ、この悔しさをここで終わらせてはいけない。









3人になった時のスキルを持っていれば、、、。
もっと上手い立ち振る舞いを知っていれば、、、。







なので、小僧は絶対にお持ち帰りを実現すべくスキルをつける事をここに誓います ( 笑 )








そして、ついでに金髪も近い内にお持ち帰りしてやる(´Д` )








長くなりましたが、今日はこの辺で終わりにしようと思います。







P.S NAOKIもあの後お持ち帰りは出来なかったとの事です ( 笑 )








最後まで読んで頂き、ありがとうございました(^^)










全ては2年後の美女とお金の為に。

Posted on 2015/02/23 Mon. 22:49 [edit]

category: 女性関係

tb: --   cm: 1

飲みにけーしょん ( 前編 )  

女性の笑顔は世界を幸せにする。





_______________________________________________________








どうも、小僧です。










最近やっている梅酒のCMのキャッチフレーズを気に入ってしまったので、文頭においてみました( 笑 )










まず先日の記事で書いた、パチンコ屋の美女にアドレスを渡した件について。










あれから1週間ほど連絡を待ってみた所、美女からの連絡が












返ってきません*\(^o^)/*













いや、いいんだ。
これは終わりではない。











むしろ、ここが始まりです。












とても悔しいですが、美女の前で雰囲気も作れなければ、落ち着きもなかった小僧に対しての課題。











この悔しさをプラスに、次に繋げる為の第1歩として考えようと思います。











とまあ、この話は終わったという事で話は変わります( 笑 )








___________________________








先日、小僧は3対3の合コンというものをしてきました。









とは言え、この合コンは小僧主催であり小僧が幹事な訳ですが、、、










綺麗な合コンにする予定は毛頭にありません*\(^o^)/*笑









あくまで合コンのコンセプト " お持ち帰り " を目標に( 笑 )










そんな汚い合コンのメンバーは、










■男性陣






・NAOKI
画像04


・髪が長い
・社長
・グイグイ





・たかみー
画像05


・小学校の同級生
・個人事業主
・ドエム




・小僧
kozou.jpg


・店員ナンパ失敗
・個人事業主
・トマトが嫌い






■女性陣





・金髪
画像06


・元バイト先の責任者
・ギャル
・細い





・黒髪
黒髪


・元バイト先の人
・隠れ巨乳
・細い







・モンロー
モンロー


・元バイト先の人
・ショートカット
・自分の世界をもってる








という構成*\(^o^)/*









人の事は言えませんが、女性陣の偏差値は、54と言ったところでしょうか(´・_・`)笑









そんなこんなで汚い合コンが始まりました。










舞台は池袋。










お店は小僧がたまにデートで使用する隠れ家ダイニング。











※池袋では、意外と少ないオシャレなお店なので一応紹介しておきます( ´ ▽ ` )ノ










池袋_カーリースクラム


画像03











NAOKIが少し遅れるとの事でしたので、先に5人での開始となり、まずは自己紹介。










たわいもない話をしながら、和んでいきます。










そして、話は恋愛話へ。









ここぞとばかりに、スパークリングをボトルで頼み、ヤラシイ気持ちを全面に出す小僧( 笑 )










ここでNAOKIが合流。










途中合流を感じさせないトークで和んでいきます。











NAOKIの投入により、更に場は盛り上がり、お酒は進み、時間は終電近くへ。










そう。










まず第1の関門 " 終電 "










ここを突破出来るかが1つ目のカギ。










場の雰囲気は悪くないし、女性陣もつまらない訳ではないと思う。









という事で、ここで新たにドリンクを注文する小僧( 笑 )










もし終電で帰る予定なら、注文は受理されないはず、、、










女性陣 : 私は〜〜で!










( ゚д゚)












という事で、オールが確定*\(^o^)/*笑










よし。まずは、第1関門を突破( 笑 )











ここで、中盤の会話の中に仕込んでおいた付箋の回収。









そう、第2の舞台カラオケへ( 笑 )











果たして、第2の舞台カラオケで王様ゲームは開催されるのか?









今夜お持ち帰りは、実現するのか?










そんな、ドキドキとワクワクを胸に今日はこの辺で、前編を終わりにしたいと思います( 笑 )









近々、後編もアップしたいと思います。










全ては2年後の美女とお金の為に。










最後まで呼んで頂きありがとうございました(^^)

Posted on 2015/02/07 Sat. 03:17 [edit]

category: 女性関係

tb: --   cm: 1

初体験  

後悔とチ◯チ◯は先に立たない





_________________________________






どうも、小僧です。





文頭の言葉は、僕が学生の頃に先輩が言っていた名言です( 笑 )






立て続けの投稿となりましたが、今日はこの言葉がよく合う出来事があったので、書き残そうと思います。






それは今日、小僧が仕事から帰ってきた時のお話です。






小僧はたまに、最寄駅まで車で行く事もあるのですが





今日は駐車場代をチキろうと、よこしまな気持ちが働き、駅近くのローカルなパチンコ屋さんに車を止めていました( 笑 )






とりあえず、申し訳ありません( 笑 )







とは言え、無断で車を止める事に少しの罪悪感もあり、仕事帰りにパチンコを打って行く事にしました( 笑 )







(´-`).。oO( これで、出なくても駐車場代として1.000円くらいは我慢しよう )







すると、お店の横に気になる張り紙が、、、







" 誠に勝手ながら、本日をもちまして、お店を閉店させて頂きます。"







( ゚д゚)?







なんという偶然( 笑 )







これはもしや、何かあるのかも知れない。






そう思った小僧は軽快な足取りで、パチンコ屋さんのドアを潜り抜け、
1円パチンコゾーンを抜け、5円スロッゾーンを抜け、20円スロットゾーンに入ろうとした、その時でした。







それは、突如として現れました、、、







美女*\(^o^)/*








圧倒的美女*\(^o^)/*







20円スロットへと向かっていた足を止め180度方向転換をすると、小僧は1人作戦会議をする為、ひとまずトイレへ( 笑 )






( ゚д゚).。oO( なんだ、あの圧倒的な美女は? 何であんな子がローカルなパチンコ屋さんで働いているんだ? )







すると心の中から、もう一人の小僧がささやく。







(´Д` ).。oO( せめて、アドレスだけでも渡しておけって!どうせ今日で閉店なんだから。)








、、、確かに(´・_・`)笑







とは言え、この心の中の小僧が出てきたのにも少し訳があり、、、








最近、先日のお話に出てきた " 口ベタ営業マンが渋谷ギャルをナンパし続け半年後に1億円の契約をとった件 " を読み始めたせいか、少しナンパにも興味が出てきた小僧。







そこで、またに " ナンパ師ブログ " なるものを見ているんです。







そこで、繰り広げられる美女との駆け引き、アバンチュール( 笑 )







美女と付き合う為に必要なトーク術やスキルが盛りだくさん書いてある訳です。








その武器の1つが "ブーメラン "







まあ、簡単に言うと相手に自分の連絡先を教えて、相手から連絡が来るのを待つわけですね。








話は少しそれてしまいましたが、トイレでの1人作戦会議に戻ります( 笑 )







(´Д` ).。oO( 今がまさにそのブーメランのチャンスだぞ? 今日渡さなかったら一生会えないかもしれないんだぞ? )








( ゚д゚).。oO( とはいえ、なんて言えばいいのかも分からないし、自分の番号教えるって、どうやって? )








(´Д` ).。oO(方法なんて分からない事だし何だっていいんだよ。とりあえず、自分の気持ちを素直に伝える事が大切だろ? )








美女、閉店、一期一会、後悔。








1人トイレの中で、様々な感情が脳裏を駆け巡る。







そして深く深呼吸。








そして、小僧が出した答えは、、、








画像02









コレを渡す*\(^o^)/*








いや、いいんだやり方なんて。
右も左も分からないのなら、素直に自分の気持ちを伝える事が大切なんだ。







そう思った小僧は、勢いよく個室トイレのドアを開け、美女のいるフロアへ。








すると、偶然にも1人でパチンコの代を掃除する美女が。







( ゚д゚).。oO( す、すごいドキドキする。こんな事、小僧に出来るんだろうか? いや、出来るかじゃない!やるんだ! )







小僧 : 、、、あっあの!すみません!


美女 : はい(^^)?


小僧 : こ、ココって今日で閉店なんですか?


美女 : そうなんです、ここ取り壊されて更地になっちゃうらしいんですよ(´・_・`)


小僧 : そうなんですか、、、なんと言うか、ココでこんな事言うのも可笑しい話なんですが。実はお姉さんに一目惚れしまして、、、これ良かったら受け取ってください(´Д` )!


美女 : あ!ありがとうございます(^^)


小僧 : いらなかったら、破り捨てていいので( 笑 )
もし、捨てなかったら連絡ください!



美女 : はい!もらっておきます(^^)







、、、もらってくれた(´Д` )!
なんだか凄い達成感( ゚д゚)笑







そして小僧は、軽快な足取りでパチンコ屋を後にしたのでした。







とまあ、こんな感じのストーリーがあった訳なんですが








今、思ってみれば、







前回お話しした " 清潔感と落ち着き " や " 雰囲気イケメン " もくそもないですね( 笑 )







しかもパチンコも打ってないし( 笑 )







でも、パチンコは別として第1歩の渡すという事が出来たから良しとしよう。








今回のこの反省を次に繋げればいいんだ。








とは言え、果たして美女からのブーメランは成功するのであろうか(´・_・`)?笑







次回は、この結果を含めブログをアップしようと思うので
今回はこんな感じで、終わりにしようと思います( 笑 )







PS.写真のメモ用紙の本物は美女に渡してしまった為、家に帰って新しく書き直しました( 笑 )








全ては2年後の美女とお金の為に。








最後まで読んで頂きありがとうございました(^^)

Posted on 2015/01/26 Mon. 20:44 [edit]

category: 女性関係

tb: --   cm: 1

マインドとノウハウ  

どうも、小僧です。




先日、舞台のディレクターの方と下北沢でご飯を食べに行った時の話を少し。




この方は、昔からお世話になっている方で小僧がデザイン関係の仕事をふって頂いている、言わばクライアントさん。





小僧とは一回りも歳が離れているのですが、とてもユーモア溢れる方です( ´ ▽ ` )ノ





今回もビジネスの打ち合わせをする堤だったのですが、打ち合わせ場所がまさかのカレー屋さん( 笑 )





とは言え、まったりした空間。
薄暗い照明とお酒も飲めるという言うやらしいお店( 笑 )





ここは、女性とデートした際も使えそうなので、しっかりメモしておきます ( 笑 )






下北沢_moona


画像01






少し話は、それてしまいましたが、その方が話していて印象に残った事を忘れない為にも書き残して置こうと思います( 笑 )





ビジネスをやっていく上で、最近の若い人は1つの事や、誰か元で動こうとしている人が多すぎるとの事。





もし、そのパイプが切れたら、どうするのか?





1人になった時に、どうするのか?






その為にも、ビジネスツールは7つほど持っておいた方がいいと。






そして、誰かの元で動く事はメリットでもあるが、それではいつまでたっても動かす側には回れないとの事。






とまあ、こんな内容の話だったのですが、、、






なるほど。
確かに、デメリットだけに着目したら的確だなっと思いますし、今の小僧の現状を見ると考えさせられる部分が沢山ありますね( 笑 )






とは言え、ビジネスツールを7つも持つとなれば何をすればいいのか(´・_・`)






そして動かす側になる為には、どうすればいいのか(´・_・`)






小僧が今持っているビジネスツールは4つほど。






そして、どちらかと言えば動かされてる。







焦る( 笑 )







沢山考えた結果







なかなか答えが見つからず悩んでいた時に、ふと昔バイトしていた頃に居酒屋の店長( デブ )が言っていた事を思い出しました。






(´-`).。oO( 小僧くん、分からないのにやろうとしないでいいから。それだと逆効果だから分からない事は、どんどん先輩に聞いて )






( ゚д゚)






なるほど、分からない事は人に聞けばいいのか( 笑 )






つまり、自分で闇雲に考えて行動するくらいなら、ビジネスで成功している人達にあって、それぞれの人からマインドやノウハウを吸収しよう。






という事で、






" 小僧の半年間を使って沢山の成功者にあってマインドとノウハウを吸収しよう "






を始めようと思います*\(^o^)/*







その中から自分に出来るビジネスや成功者のマインドをインプットしてアウトプットしよう( 笑 )







アホみたいにシンプルな考え方だけど、意外と物事ってシンプルに出来てるってよく聞きますしね( 笑 )







兎にも角にも、とりあえずは行動しようと思います。






色々な方とのアポイント報告はその都度していこうと思うので、今日はこの辺で。







昔のバイト先の店長( デブ )に感謝*\(^o^)/*








全ては、2年後の美女とお金の為に。








最後まで読んで頂きありがとうございました(^^)

Posted on 2015/01/25 Sun. 01:59 [edit]

category: ビジネス

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top