FC2ブログ

勇敢な戦士の物語(後編)  


空は青く澄み渡り、海を目指して歩く。

怖いものなんてない、僕らはもう1人じゃない。

SEKAINO OWARI

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





大分更新が遅くなってしまい、すみません、、、、。






とは言え、見ている人もいないと思いますが、、、







小僧のペースで地道に書いて行こうと思います。笑








それでは、








小僧とリア友の勇敢な戦士の物語(後編)、はじまるよ\(^o^)/









ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー









旅行中の豚2人にシャンパンを奢ってもらい、大幅に時間を使ってしまった小僧とリア友。







時計の時刻は午前2時。








クラブでもそろそろペアが出来上がってしまう、、、。







焦る小僧は、以前に弾丸即をしたクラブに希望を託し、入る事を決意。







ここは半ズボンとかは関係ないし、クラブの中もどうやら人が多そう。








で 箱IN。










jumanji 55





JUMANJI 55

六本木では有名なクラブ。
入場料が安い、再入場が可能、朝8時位まで営業という部分が魅力。
V2から流れてくる女性も多い。







入場料を払い階段を上がる2人。







フロアを1周すると何組かペアも出来上がっているが、まだ何とかなりそう。






、、、、、よし。








リア友と乾杯をして、早速声かけを開始!










小僧 : こんばんは!お姉さんは味噌カツ好きな人( ´ ▽ ` )ノ??
※雑ですみません。






女の子 : なんでいきなり味噌カツww





小僧 : いやいや!リア友が今日味噌の街から遊びに来てて知り合いがいなくて寂しそうだから、味噌カツ好きな人を探してるん( ´ ▽ ` )ノ!





女の子 : いやいや、2人で来たのに寂しそうって(笑)
でも!味噌の街から来たんだ(^^)







小僧 : そうそう!まあ、味噌カツ好きじゃなくてもいいから、とりあえず友達になる為に乾杯しよ( ´ ▽ ` )ノ






的な雑な声かけにも関わらず、和む小僧とリア友。笑









なんだかいい感じ。







とりあえず番ゲだけしておく?







このまま連れ出す?






リア友とこっそり打ち合わせ。






そんな最中にゴリゴリな3人組の輩が小僧達と女の子の間に割り込んでくる。








マッチョ








まさにこんな感じ´д` ;








小僧 : いやいや!ちょっとwww










いくら小僧が力をいれても、3人の輩に壁際に押し出される小僧とリア友。






満員電車






小僧 : いやいや、ちょっとwww









そんなこんなで、女の子が輩に囲まれ全く話す事が出来ない、、、。





カイジ(悔しい)






仕方なく、その場をさる小僧とリア友。







そう。










輩による強制的なアモッグに完敗する小僧とリア友*\(^o^)/*










くそぅぅ´д` ;









別の案件に声をかけるも今一つ勢いが出ない。







和んでいる時にリア友の顔を見ると








ϵ( 'Θ' )϶









みたいな顔で小僧をみてる。笑










むしろ、和んでる最中になんて顔してんねん´д` ;wwww










、、、このままではマズい。







そう思った小僧は、リア友に箱を出てストに切り替えようと打診。







輩にアモッグされ、モチベーションが消えかかった今








2人は最後の希望をストリートにかける事に。









箱OUT。










すると、その時。








2人の前を横切る美女が1人。





カイジ_ざわざわ






リア友と目を合わせる小僧。





カイジ_いく





2人で軽く頷き、美女のもとにかけよる。









あれ?










あ、あれ?










、、、オープナーが思いつかない。笑









美女との距離がどんどん近づく一方








全くオープナーが浮かんでこない。笑








くそぅぅ、、、こうなったらヤケだ´д` ;








小僧 : すみません!お姉さん!そばとうどん。どっち派ですか!?






美女 : え?www






小僧 : いや!実際、どっちでもいいんですけどね!友達が味噌の街から来てるんで、お姉さんのような美人とご飯を食べたって思い出をプレゼントしたいんです(´Д` )!







美人 : あ!いいですよ(^^)
ご飯でも行きます^ ^??














、、、、あれ(´Д` )??











連れ出しってこんなに簡単だったっけ´д` ;w








_______________________________________________








気づいたら小僧とリア友は、蕎麦屋に美女と3人でいました。







自己開示、恋愛トーク、セックスのハードル下げ。







色々な話をする3人。








たえない笑顔。








やらしい笑顔








進むお酒。






カイジ(飲む)







カイジ(カアー)






逆カラオケ打診。






カイジ(感謝)













浮かび上がる疑問。



















、、、こいつ男じゃね´д` ;?










マッチョ












いや、むしろ手の感じとか間違えなく男や´д` ;!笑












その子がトイレに入った瞬間、打ち合わせをする2人。







リア友 : 小僧くん、ごめん。オレさすがに男は無理だわwww







小僧 : 言っただろ?オレはお前に最高の思い出を持って帰ってもらいたい。








リア友 : どーゆう事?笑








小僧 : オレがニューハーフを即ったという思い出を味噌の街に持ってかえってくれ(´Д` )!






リア友 : wwwwwwww










そんなこんなでリア友と別れて、その子とカラオケ IN。










とは言え、もしかしたら女の子の可能性だってある!








っと思っていた矢先、いきなりギラつかれる小僧。









小僧 : ちょ!ちょっと!とりあえず一曲歌わない?笑








女の子? : 分かった!でも、最初にココだけ触って(´・_・`)?









おもむろにパンツをずらし、小僧の手を自分のアソコに持っていく。












その先には













ちんすこう












しっかりと付いていました(=´∀`)人(´∀`=)。













喜び











マッチョ











カイジ_絶望









男の子 : じゃあ、私から一曲歌うね(^^)









入れた曲は、SEKAINO OWARIでRPG






セカオワ








空は青く澄み渡り、女子を目指して歩く。怖いものなんてない、私はもう男じゃない*\(^o^)/*
※実際はちゃんとした歌詞で歌っています。笑







で、ワチャワチャして放流。








結果として







リア友、そして連れ出したのに即らなかったニューハーフ子もごめん´д` ;








ニューハーフ子はお店の名前も教えてくれて、調べたら有名なショーパブで働くニューハーフ嬢でした。








とは言え、どんなに可愛くても小僧には越えられない一線を確認出来た気がします。








貴重な体験をありがとう。









帰り道。







小僧の頭の中に、嫌らしい気持ちは少しもなく







SEKAINO OWARIのRPGだけが、繰り返し流れていました。








小僧とリア友の勇敢な戦士の物語







1笛(ニューハーフ)にて







スポンサーサイト



Posted on 2016/10/28 Fri. 18:47 [edit]

category: 女性関係

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top