スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

戦極ナンパ 〜群馬編(後編)〜 / HIP HOP DREAM 2017  

このパーティーを連れ出して欲しいのに、この私を。




行く先なんて聞かないで、どこまでもついて行くから。





そんなことより早く、このパーティーから連れ出して / public musume
_______________________________________________________________________________________________






こんにちは。







お久しぶりです、小僧です。








戦極〜群馬編〜







更新をしていなくて申し訳ありません´д` ;







なんだかやたらとバタバタしていて更新していないまま月日が経ってしまいました、、、。
※言い訳してすみません´д` ;







とは言え








凄腕の方達のツイッターを見ていて










" ブログは鮮度 "









と書いてあり







今更感もあるので、一先ず事後報告とココまでの活動報告をします(笑)







________________________________________________________________________________________________







群馬遠征、翌日が11月11日。








ポッキーの日だったので









この日に使うオープナーはもちろん









share happy









" share happy?? "







1択。笑








女の子が







(´・_・`)??






っとなっても







デッデ、デレデッデー!!







と踊り始めると、意外と笑ってくれる雑なオープナー。笑








オープン率100%でロータリーで調子に乗っているにもかかわらず








駅ビルでまさかの地蔵。










悔しい思いをした結果








夜に声かけ場所を、ドンキ・ホーテに変更。








ここでまさかの地蔵した子とばったり遭遇。笑








すかさず、answer君と声かけ。









和む。








連れ出し。









answer君担当仕上がる。









小僧、丁寧にラポール形成。









担当子が家庭事情を泣きながら話してくれる。








感情移入しすぎて、小僧も泣きそうになる。








あかん。








噂には聞いていましたが、遠征先のストでまさか来るとは思わなかった、、、、。









hip hop dream











オンリーワン中毒´д` ;










カイジ_絶望











どうギラつけばいいか分からず、坊主。









ニガリ1









こうして坊主のまま群馬遠征を終えた小僧達であった。








いや、小僧達というかanswer君ごめん。





_____________________________________________________________________________________________





そして、去年末






ナンパの事、オンリーワンの怖さ、色々な事を考えながら実家に帰省。








(´-`).。oO(もうオンリーワン中毒であの感じになるのも嫌だなぁ、、、どうしよう)








そんな事を思いつつ何気なく学生の時に使っていたiPodの電源をいれる。









1番最初に流れた曲が









神門







神門 /なら、こう生きよう





進みたい道があるのだけど

現実が迫り進めない人へ

安定をとりそれを手にしたとき

きっとあなたは思うでしょう

もしあっちに進んでいたなら

今はどんな日々を送っていたかな

その答えを知るすべは一つ

今そちらに進む他ないのです












ハッ(°_°)











これってつまり、、、










声かけたい子がいるのだけど

現実で足が進まない人へ

安定をとり彼女を手にしたとき

きっとあなたは思うでしょう

もしあの子に声をかけていたなら

今はどんな日々を送っていたかな

その答えを知るすべは一つ

今そちらに進む他ないのです







って事ですよね?









神門に喝を入れられる。









今は、そちらに進もう。









いや









今そちらに進む他ないのです(´Д` )!









という事で今年はやりきると決意。









そこで小僧は








■1日1声かけをする事。






カイジ_いく








■眠くても、少し頑張って街に出る事。









カイジ_いく









をマストにやってみた結果








即数は去年より増え








乱行、jojo即、人妻即








沢山の女性、クラブでも男女問わず沢山の人と巡り会う事ができました。









まだまだ声かけも雑だし









今年も3月と始まったばかりですが









普通に生活していたら出会うはずではなかった女性1人1人とのドラマがありました。









素敵な時間をありがとう。










神門さん、ありがとう。








神門











間も無く新学期。









ナンパボーナスステージ。









今年はやりきる。









今年の小僧の冒険は、もう少しだけ楽しくなりそうです。笑





_____________________________________________________________________________________







テキストメモにブログ用のテキストを書き終え








駅へと向かう朝6時半








前から来た眠むたそうな顔をした女性とすれ違う。








" 今年はやりきる "







" ナンパボーナスステージ "







" 新学期 "








行こう!今日はあのオープナーでドラマを!!












小僧 : やあ、パーティーでもしていたのかい??












ガンシカ。











fin.
スポンサーサイト

Posted on 2017/03/31 Fri. 09:13 [edit]

category: 女性関係

tb: --   cm: 0

ナンパ戦極 〜群馬編(前編)〜  

遊びじゃねーよ マジだぜマジ
どこまで行けるか確かめたい
喜怒哀楽を唄に変えたい
それで掛け替えない何か得たい






呂布カルマ / オハヨー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



どうも、こんにちは。




先日から月に1度、4年間をかけて全国ナンパ旅行に出かけ、理想の女性を見つけようとしています。




ド田舎のHIP HOPルーキーこと







小僧aka赤い稲妻です\(^o^)/


紹介画像01







そんなこんなで先日は







昔から付き合いの深い






群馬の最新性器こと





言×THEANSER 雄×THEANSER


紹介画像02





と地元である群馬ナンパ旅行に出かけてきました。





そこで地元の親友でもあるラッパーのMCゆうた君を紹介してもらったんですが、彼も大分即られているみたいで、ナンパの話で盛り上がる\(^o^)/






ナンパの結果はブログで報告するわ。
って言ってブログほったらかしてたら











ブログ書けってdisった曲が送られてくる´д` ;









なんでか分からんけど、MCゆうた君の友達ラッパーからもdisられる´д` ;











くそぅ、、、、、、、。








ニガリ00






確かにブログ遅いみたーーい!
けど、言われて書く事別にしなーーい!

oh!

俺はそうだな、彼女つくる事ここらで決意したーい!













、、、、、、すみません、書きます´д` ;












それでは小僧のナンパ旅行群馬辺、始まるよ\(^o^)/!!!





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







群馬旅行の前日、雄×THEANSER(以後 :ANSER君)と次の日に控えた群馬ナンパの計画を考えていた。









出撃する曜日は木曜と金曜。








華金はナンパに全力を尽くす為に、木曜に美味しいものは、食べに行こう。








夕方前からは高崎駅に。








そこで1即。仮に即が無理だと判断したら番ゲして、次の日にアポをとって準則しよう。








夜に街が枯れたら、高崎のドンキーホーテでGT狙いでいこう。









ワクワクとドキドキで胸と股間が膨らむ小僧。








目が覚めてからは残っていた仕事を、さっさと片付け車を走らせる。






まずは、ANSER君オススメの餃子屋






" 陽気軒 "




陽気軒









めっちゃ餃子でかくて、上手い(°_°)
ご飯との相性も最高!







よし。







腹ごしらえも済んで、高崎駅に到着する。








車をパーキングに停めて、ふと暗くなった空を見上げる。








んっ?







暗くなった空?







あれ?







手元の時計の時刻は、20:45分。


















完全に時間の使い方を間違える小僧\(^o^)/













しまった。旅行というキーワードに浮かれてのんびりしすぎてしまった´д` ;








とは言え、過ぎてしまったものは仕方ない。







気を取り直して、サクサクいきましょう\(^o^)/







高崎駅西口

高崎駅

駅のショッピングモールにエスカレーターで直結していて、飲み屋も多く、近くにデパートもあるので夕方から夜にかけては声がかけやすいと思います。
上の道も下の道も開けているので、案件を探すのにもいいかと!







とエスカレーターを上がっていると、反対から下ってくる女子2人。






ANSER君:ウィー!お疲れ!





女子:えっ??知り合いwww






逆方向を向かっているために、このまま離れる距離。笑





エスカレーターを降り直して和む。
スト低の為放流。






別の子が向かいから歩いてくる。






小僧:こんばんわ!ここって高崎駅ですよね\(^o^)/??






女子:えっ?あ、はいww









和むも高校生の為、放流。










その後も声かけを続け、、、、







ガンシカがゼロ\(^o^)/









なんていい街だ\(^o^)/









とは言え、時間が遅いのもあり中々連れ出せず´д` ;
※本当は実力不足なだけです。すみません。






ANSER君:ゆうたも仕事終わるし、1回合流してドンキー行こうか^^;






小僧:そうしよう´д` ;





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







未使用のローションが転がる家、ゆうた君邸へと到着した小僧とANSER君。






ゆうた君登場。





漢01





ゆうた君 : あ!全然普通に座っちゃって!






イカつい見た目とは裏腹に、優しい性格と笑顔を持ち合わせるゆうた君。







あー、このギャップに女の人は魅了されるんだろう。







なんて事を思いつつ、六本木でのニューハーフ子の話、ANSER君、ゆうた君のナンパ話で盛り上がる。







ゲスな事なのかもしれないけど、小僧は大人になっても、こうやってナンパ話で笑いあえる仲間ってすごい事だと思う。








それが大人になってから知り合えた仲間だったら尚更。








いけない、いけない。








脱線。笑







またのんびりしてしまう所だった´д` ;








今回の目的はあくまでナンパ旅行。








さあ、気を取り直して出発だ。







高崎ドンキーホーテ

ドンキ

22時以降で街が枯れた際は、車があればかなりのオススメスポット。
大体のお店がしまった後、案件が沢山流れてきます。
ただ輩も多いので、駐車場に車を止めて、案件が女の子同士で来ている事を確認してから声かけする事がベストかと思います。
ちなみに、イカつい車の方が女の子の食い付きが上がるとの事です(笑)







ドンキーホーテに到着した3人。





車の中からドンキーに入ってくる女の子をサージング。







なんだかスリリング。笑






中々案件が来ないので、入り口の近くにあるUFOキャッチャーで遊んで待つ事に。










楽しい\(^o^)/









久しぶりにUFOキャッチャーをした小僧は、クレープを食べながら豪遊。











しまった。








今日はUFOキャッチャーじゃなくてナンパをしに来たのに、また脱線してしまった´д` ;







くそぅ、、、。








今日は群馬の女性を即りに来たんだろう?









ニガリ3








ニガリ4








ニガリ1











そんなこんなで、1度車に戻る事に。









するとその時









2人組みの案件が2組ドンキの中に入っていく。








2人が乗ってきた車は軽。









よし!2人だ!









すかさず店内に走る3人。









まず先頭にいた2人組みのギャルに、ゆうた君と小僧で声をかける。







小僧 : ねえねえ!





ギャル : ( ̄  ̄)





小僧 : この辺で小さいオジさん(ANSER君)見なかった?ちょっと探しててさ(´Д` )!






ギャル : 、、、え!追ってるの(°_°)??






小僧 : いやいや!追ってない追ってない(笑)





ギャル : なーんだ( ̄  ̄)








むしろ、探してる=追ってるっていかにも輩的なイメージなんやねん´д` ;







小僧 : とりあえず、その子とはぐれちゃって探してるから見つけたら教えて( ´ ▽ ` )ノ?





ギャル : わかった!






その後ちょっと和んで1度解散。









1度付箋を貼っておいて、3人で再度話かけて付箋を回収する作戦( ̄ー ̄)。








そんな事をしてると、もう2組(馬とキンタローに似ていたので以後、馬子とキン子)が横で化粧品を見ていたので合流したANSER君がすかさず声かけ。






ANSER君 : いやー、こっちの方がいいと思うよ(´Д` )!







馬子、キン子 : (°_°)??







ANSER君 : いや、こっち方がいいと思わん?w








小僧 : あ!お客様!何かお探しですか( ´ ▽ ` )ノ??むしろ、これが似合うと思いますよ!








馬子、キン子 : やっぱこっちの方がいいかな??







乗ってきてくれる2人。









いいやつ\(^o^)/








ゆうた君: やっぱニット帽これでいいかな(´・_・`)??











覆面









一同 : いやいやいやwww








そんな時に









最初に声かけしたギャルに見つかる´д` ;









と同時に付箋作戦が失敗おわる。笑








いや、、、









とりあえずは目の前の案件に全力をつくす!










そこからはいつも通り、自己開示→理由付け→和み+ネグ









で、ひとまず外で話す事に。









どうやらキン子の元カレがラッパーという事で、ゆうた君への食い付きがアップ。









フリースタイルを披露。








漢02








更に食い付きがアップ。










フリースタイルをふられて、歌えない小僧。










ニガリ2










食い付きが下がる\(^o^)/








いや、おかしいだろ(´Д` )!!!










ANSER君: じゃあ、とりあえず飲み行くか( ´ ▽ ` )ノ!









キン子 : ごめん、私達この後お店に戻らないと行けないんだよね(´・_・`)。











どうやら、馬子とキン子はゆうた君も仕事の付き合いでよく使うキャバクラのキャストらしく、買い出しをしてこの後店に戻るとの事。









変に納得してしまう。







ANSER君 : じゃあ、仕事終わりか明日にでも一緒に飲もうよ(^^)?







馬子、キン子 : いいよ(^^)







ということで、とりあえずラインを交換して解散。












ニガリ1








解散後、時間をみるとまさかのAM3:00。笑












なんだか色々な局面で、時間を使いすぎました。笑









明日もあるという事で、群馬遠征1日目












" 完!!"笑












すみません。やたら長くなっちゃったんで、1度ここで切ります´д` ;










近々更新しますので、もうディスった曲は送らないでください(笑)

Posted on 2016/12/09 Fri. 03:23 [edit]

category: 女性関係

tb: --   cm: 0

勇敢な戦士の物語(後編)  


空は青く澄み渡り、海を目指して歩く。

怖いものなんてない、僕らはもう1人じゃない。

SEKAINO OWARI

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





大分更新が遅くなってしまい、すみません、、、、。






とは言え、見ている人もいないと思いますが、、、







小僧のペースで地道に書いて行こうと思います。笑








それでは、








小僧とリア友の勇敢な戦士の物語(後編)、はじまるよ\(^o^)/









ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー









旅行中の豚2人にシャンパンを奢ってもらい、大幅に時間を使ってしまった小僧とリア友。







時計の時刻は午前2時。








クラブでもそろそろペアが出来上がってしまう、、、。







焦る小僧は、以前に弾丸即をしたクラブに希望を託し、入る事を決意。







ここは半ズボンとかは関係ないし、クラブの中もどうやら人が多そう。








で 箱IN。










jumanji 55





JUMANJI 55

六本木では有名なクラブ。
入場料が安い、再入場が可能、朝8時位まで営業という部分が魅力。
V2から流れてくる女性も多い。







入場料を払い階段を上がる2人。







フロアを1周すると何組かペアも出来上がっているが、まだ何とかなりそう。






、、、、、よし。








リア友と乾杯をして、早速声かけを開始!










小僧 : こんばんは!お姉さんは味噌カツ好きな人( ´ ▽ ` )ノ??
※雑ですみません。






女の子 : なんでいきなり味噌カツww





小僧 : いやいや!リア友が今日味噌の街から遊びに来てて知り合いがいなくて寂しそうだから、味噌カツ好きな人を探してるん( ´ ▽ ` )ノ!





女の子 : いやいや、2人で来たのに寂しそうって(笑)
でも!味噌の街から来たんだ(^^)







小僧 : そうそう!まあ、味噌カツ好きじゃなくてもいいから、とりあえず友達になる為に乾杯しよ( ´ ▽ ` )ノ






的な雑な声かけにも関わらず、和む小僧とリア友。笑









なんだかいい感じ。







とりあえず番ゲだけしておく?







このまま連れ出す?






リア友とこっそり打ち合わせ。






そんな最中にゴリゴリな3人組の輩が小僧達と女の子の間に割り込んでくる。








マッチョ








まさにこんな感じ´д` ;








小僧 : いやいや!ちょっとwww










いくら小僧が力をいれても、3人の輩に壁際に押し出される小僧とリア友。






満員電車






小僧 : いやいや、ちょっとwww









そんなこんなで、女の子が輩に囲まれ全く話す事が出来ない、、、。





カイジ(悔しい)






仕方なく、その場をさる小僧とリア友。







そう。










輩による強制的なアモッグに完敗する小僧とリア友*\(^o^)/*










くそぅぅ´д` ;









別の案件に声をかけるも今一つ勢いが出ない。







和んでいる時にリア友の顔を見ると








ϵ( 'Θ' )϶









みたいな顔で小僧をみてる。笑










むしろ、和んでる最中になんて顔してんねん´д` ;wwww










、、、このままではマズい。







そう思った小僧は、リア友に箱を出てストに切り替えようと打診。







輩にアモッグされ、モチベーションが消えかかった今








2人は最後の希望をストリートにかける事に。









箱OUT。










すると、その時。








2人の前を横切る美女が1人。





カイジ_ざわざわ






リア友と目を合わせる小僧。





カイジ_いく





2人で軽く頷き、美女のもとにかけよる。









あれ?










あ、あれ?










、、、オープナーが思いつかない。笑









美女との距離がどんどん近づく一方








全くオープナーが浮かんでこない。笑








くそぅぅ、、、こうなったらヤケだ´д` ;








小僧 : すみません!お姉さん!そばとうどん。どっち派ですか!?






美女 : え?www






小僧 : いや!実際、どっちでもいいんですけどね!友達が味噌の街から来てるんで、お姉さんのような美人とご飯を食べたって思い出をプレゼントしたいんです(´Д` )!







美人 : あ!いいですよ(^^)
ご飯でも行きます^ ^??














、、、、あれ(´Д` )??











連れ出しってこんなに簡単だったっけ´д` ;w








_______________________________________________








気づいたら小僧とリア友は、蕎麦屋に美女と3人でいました。







自己開示、恋愛トーク、セックスのハードル下げ。







色々な話をする3人。








たえない笑顔。








やらしい笑顔








進むお酒。






カイジ(飲む)







カイジ(カアー)






逆カラオケ打診。






カイジ(感謝)













浮かび上がる疑問。



















、、、こいつ男じゃね´д` ;?










マッチョ












いや、むしろ手の感じとか間違えなく男や´д` ;!笑












その子がトイレに入った瞬間、打ち合わせをする2人。







リア友 : 小僧くん、ごめん。オレさすがに男は無理だわwww







小僧 : 言っただろ?オレはお前に最高の思い出を持って帰ってもらいたい。








リア友 : どーゆう事?笑








小僧 : オレがニューハーフを即ったという思い出を味噌の街に持ってかえってくれ(´Д` )!






リア友 : wwwwwwww










そんなこんなでリア友と別れて、その子とカラオケ IN。










とは言え、もしかしたら女の子の可能性だってある!








っと思っていた矢先、いきなりギラつかれる小僧。









小僧 : ちょ!ちょっと!とりあえず一曲歌わない?笑








女の子? : 分かった!でも、最初にココだけ触って(´・_・`)?









おもむろにパンツをずらし、小僧の手を自分のアソコに持っていく。












その先には













ちんすこう












しっかりと付いていました(=´∀`)人(´∀`=)。













喜び











マッチョ











カイジ_絶望









男の子 : じゃあ、私から一曲歌うね(^^)









入れた曲は、SEKAINO OWARIでRPG






セカオワ








空は青く澄み渡り、女子を目指して歩く。怖いものなんてない、私はもう男じゃない*\(^o^)/*
※実際はちゃんとした歌詞で歌っています。笑







で、ワチャワチャして放流。








結果として







リア友、そして連れ出したのに即らなかったニューハーフ子もごめん´д` ;








ニューハーフ子はお店の名前も教えてくれて、調べたら有名なショーパブで働くニューハーフ嬢でした。








とは言え、どんなに可愛くても小僧には越えられない一線を確認出来た気がします。








貴重な体験をありがとう。









帰り道。







小僧の頭の中に、嫌らしい気持ちは少しもなく







SEKAINO OWARIのRPGだけが、繰り返し流れていました。








小僧とリア友の勇敢な戦士の物語







1笛(ニューハーフ)にて







Posted on 2016/10/28 Fri. 18:47 [edit]

category: 女性関係

tb: --   cm: 0

勇敢な戦士の物語(前編)  

お久しぶりです!
小僧です。





中々更新が出来ず申し訳ありません。






まあ、誰も見ていないとは思うんですが(笑)






最近は地道にストやネトナンなど幅広くやっていて、他にも丘でのくるくるやプールナンパ、遠征先でのストなど書きたい記事は沢山あったのですが、かけていなかったのが現状です(._.)







この度は、味噌の街に住むリア友と同窓会の後に丘でのスト、クラブナンパをした記事を書こうと思います!







しょうもない記事かもしれませんが、暇潰しに読んで頂ければと思います。笑






それでは小僧とリア友の勇敢な戦士の物語(前編)、はじまるよ\(^o^)/





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー






8月某日、小僧は梟の街へと降りたった。







今日は高校時代のリア友達との同窓会。







あわよくば、高校時代の青春の子とイチャイチャしたい。







そんな淡い期待に、胸と股間を膨らませながら会場へと足を運んだ。








小僧は少し遅くに会場に着いた為、すでに飲み会は始まっていました。







小僧 : おー!皆久しぶり!元気してた( ´ ▽ ` )ノ??







同級生 : おー!小僧君、久しぶり(^^)!







久々に会う顔ぶれ。







両隣に座る、オッサンとオバサン。






いやー、皆歳とったなー´д` ;







まぁ僕もなんですけどね。笑







というか









青春時代の子がいない(´Д` )。










そんなこんなで淡い期待を一瞬にして破壊され、話は恋話へ。






A子 : 私は、今の彼とは遊びかなー。






一同 : えーーなんの仕事してる人??






B子 : 私はこの前、彼と〜〜〜でー。






一同 : えーーそれは確かにひど〜いー。










いや、どーでもいい´д` ;!!










この終わりの見えない恋話ってなんなんですかね。笑






サシならまだしも、この不毛な感じってなんなんでしょうか?笑






そんな話を横目に、店員さんへのブーメランを考える小僧にC子が話を振ってきました。







C子 : てか、小僧君はどう思う??








小僧は、話をなんとなくしか聞いていなかった為、C子が彼と喧嘩したところまでしか分からない。







小僧 : 、、、、、どうって、さっきの彼と喧嘩したって話だよね??笑







C子 : うん。







小僧 : うーん、C子って実際すごい気を使えるし優しいじゃん?
だからこそ、気を使って感情を抑えてきたC子の気持ちを彼は理解できていないよね。
彼の話を聞いていないから、100パーセントの回答は出来ないけど、一歩引いて、ごめんね。くらいのキャパの広さを男なら見せてほしい。ってオレは思ったよ。








ど、、、、どうた´д` ;??








C子 : 、、、、小僧君(´・_・`)。







小僧 : かくかく









C子 : しかじか








そんなやりとりの果て









C子が仕上がりました。笑










C子はこの後、逆飲み打診をしてくれたんですが、どうしても外せない大事な予定があると断りました。






そう。






大事な予定。











同窓会に来ていたリア友とのナンパ(=´∀`)人(´∀`=)












飲み会後、忘れ物を取りにいく振りをしてさりげなく店員さんにブーメランをした小僧(いまだに返ってこない)は、リア友と再合流。








リア友と言っても、彼も味噌の街の箱にて何即もしていて、最近はストも始めたとの事。







(´-`).。oO(今日は期待が出来そう。一体何即する事になるやら♪)







そんな期待を胸に、丘に向かう2人。







丘に到着し、今日の作戦会議をしながら2人が着いた先はv箱。






小僧 : さあ、ゲームの始まりだ。






リア友 : なにそれ?笑






文字色小僧 : まあまあまあ( ̄ー ̄)。






セキュリティー : あ、半ズボンの方は入れないでーす。










短パン














し、しまった( ゚д゚)!!!












今日はラフなスタイルで、家を出た小僧。








、、、、完全なミス。不覚。






カイジ(悔しい)






小僧 : わ、わりぃ´д` ;





リア友 : いやいや、仕方ないよ^^;
オレも知らなかったし、小僧のせいじゃないよ。






フォローしてくれるリア友。






ごめん、知ってたのに間違って半ズボンを履いてきました。なんて死んでもいえない´д` ;








そんなこんなで丘の街を徘徊。








すると







キャッチ : お兄さん!今、ここのクラブまぢ熱いっすよ!!丘で1番人入ってますし、2000円/3dでご案内します(^^)!





小僧&リア友 : ほ、本当ですか(°_°)!







キャッチ : はい!おっさん達にナンパされるくらいならお兄さん達がお持ち帰りしちゃって下さい( ´ ▽ ` )ノ






そんな言葉に、いやらしい笑顔を抑えきれないまま、箱in。












クラブ













いや、女の子っていうか男すらいないやん。








かろうじて存在するのは、djブース前で荒れ狂う豚2人。









小僧 : あれ、一応オープンしとく?







リア友 : いやいや、まじ?ww







小僧 : 初めまして^ ^
このクラブの中で1番楽しそうだったからついつい話しかけちゃった(^^)
2人はどこから来たの?







豚 : うちらは沖縄から( ´ ▽ ` )ノ







小僧 : あ、アグー系だ( ´ ▽ ` )ノ
※実際はいってません。







豚 : お兄さん達!今日は遊びに来た記念だから一緒に飲も\(^o^)/









た、たかられるやつやー´д` ;!!!










と思った矢先







豚 : シャンパン買ってきた!コレうちらの奢りだから飲も\(^o^)/













いやいや、いい人すぎかよ´д` ;!!!











年下の豚2人にシャンパンをおごってもらうオッサン2人。








あびるようにシャンパンを飲むオッサン2人。







カイジ(飲む)




カイジ(カアー)







豚なんて言ってごめん。









カイジ(飲む)





カイジ(カアー)







こんな純粋な2人に小僧はなんて失礼な事を思っているんだ。








カイジ(感謝)









大切なのは、心だろう。







、、、今日は楽しもう!







シャンパンを勢いよく飲み干し、ハイタッチをするその先には
















豚












豚。







ごめん。やっぱり無理でした。






2人にペットボトルの水を買ってあげて、放流。







ありがとう。楽しい夜にしてください。







箱out。








シャンパンと3杯のドリンクを飲み、いい感じに酔っ払う2人。







外に出ると、夜風が気持ちよく火照った体を冷ましてくれる。






時刻は午前2時。






リア友 : まだいけるよな??






小僧 : もちろん。戦いはこれからだろう!






リア友 : 今日はコンビで成果をあげよう!






小僧 : おう!味噌の街に最高のお土産話を持って帰らせる!







モチベーションを立て直し2人は次なるステージへと進むのであった。






このあと起こるハプニングなど予想もせずに、、、。







前編完。

Posted on 2016/08/19 Fri. 22:58 [edit]

category: 女性関係

tb: --   cm: 0

小僧のルーツ(番外編)  







天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず(福沢諭吉)







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー








お久しぶりです、小僧です。






大分期間が空いてしまいましたが、久しぶりにブログの更新をしていきたいと思います。







ここまでの1年弱の間に沢山の事があり、ブログが放ったらかしになっていまいました。







とは言え、ビジネスの話しをしてもワクワクしないと思うので、ここまでの小僧ルーツの話をしようと思います。


 




長くなるので、お時間のある方は暇つぶしに読んでもらえると嬉しいです!







それじゃあ小僧ルーツのお話、始まるよーーー\(^o^)/








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







さかのぼる事、6年前。






小僧は、都内の某専門学校の忘年会会場にいた。






全クラス合同の忘年会、いたずらな幹事の配慮により他クラスの女の子が自分の前の席に座ってきた。







すらっと身長が高く、ショートヘアがよく似合う女の子。






ファッションモデルの仕事をしつつ、専門学校に通っていた彼女。






とても明るい性格と暖かい笑顔は周りの男達を引き寄せた。







そして僕も、気づかない内に彼女の笑顔に引き寄せらた1人だった。







あまりタイプの顔ではなかったけれど、彼女の性格、しぐさ、話せば話すほど彼女の事を知りたくなった。






彼女を思う気持ちが恋へと発展するまでに、そこまで時間はかからなかったし、それと同時に女の子の事を性格で好きになるのは初めての経験だった。






共通の話題や話が合った事もあり、彼女とメールを重ね、ご飯にいき、デートに誘い、僕は彼女に告白をした。







返ってきた言葉は







" こちらこそ、よろしくお願いします^ ^ "








そこから、彼女と小僧は付き合う事になった。







彼女との時間はとても楽しかったし、小僧は、ますます彼女の事が好きになっていった。









ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー











月日は流れ、1年が経とうとしていたある日の放課後。






彼女は授業が終わり帰ろうとしていた。








" 一緒に帰ろう " と伝えると







" 今日は幼馴染とご飯だからゴメン! "







何も疑わず、彼女を見送る小僧。







ふと彼女に渡す物を忘れている事に気づき、ロッカーへ取りに行き、学校の裏口から近道をして彼女を追いかけた。








学校裏口の細道の奥には神社があり、ここは近道になるが、知らない人が多く中々通る人もいない








走って彼女を追いかける小僧。









すると、そこには目を疑うような光景があった。









今でもあの時の背中から全身がゾワッとする感覚は忘れない








彼女は、小僧が紹介した彼女と同じクラスになった小僧の親友と手を繋いでキスをしていた。









沢山の考えが頭を巡る。








けれど、どんなに考えても結果は " 浮気 " にたどり着いた。








頭が真っ白になり彼女に電話をした。








電話にでた彼女に " 今、どこ? "








っと伝えると









" 地元でご飯だから、もう駅に着くよ。"









彼女は小僧に嘘をついた。と同時に小僧の中で浮気を確信した瞬間だった。









ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー










月日は流れ、浮気の一件から2年が経とうとしていた。







知り合いに誘われた、とある飲み会で1人の女性に出会った。







彼女は、スタイルがよく明るい性格で、とても綺麗な女性だった。






昼はカフェで働き、夜はキャバクラで働きつつ、自分の夢を追っているという。






何事にも全力な彼女に、また小僧は惹かれていった。







ラインを交換して、一緒にランチをして、デートを重ねた。






けれども、彼女に告白をする事はなかった。








彼女を失う事が怖かった。








2年前の様になる事を恐れ、彼女を好きな気持ちに気づかないふりをしていた。







その結果、恋人でもなく友達でもない関係、気持ちが宙ぶらりんになっていた。







ピロン。







そんなある日の夜、彼女からラインが届く







" 今日仕事終わりに飲まない? "








偶然近くにいた小僧は、彼女と新宿で落ち合う事になった。








1時に新宿で待ち合わせ、知り合いに教えてもらったお店に足を運ぶ。





 


ボトルを注文して、2本目を注文。








やっぱり彼女との時間は楽しいし、癒された。







時間はあっという間に過ぎ、ふと気がつくとお店は閉店間際になっていた。







そろそろ始発も出る時間だし、お会計をしようと思っていると







" 眠くなってきちゃったんだけど、このへんで寝ていかない? "






彼女から出た言葉に驚きつつフワッとする気持ちを抑え、ラブホテルへと入る2人。








気持ちを落ち着かせようとテレビをつけるとアダルトビデオが流れる。







余計に慌てる小僧。笑







フワッとする気持ちを抑え、必死に考える小僧。






ここは、するべきなのか、しないべきなのか。






またまた好意を伝えるべきか、そうではないか。







悩んだあげく小僧は、しなかったし、好意も伝えなかった。






目が覚めて、彼女を駅まで送り別れる。







" 今日は楽しかった、また今度飲みに行こう。 "





と小僧が彼女に伝えると





" 、、、バイバイ "






また今度ねと言う返答はなく、その後に送ったラインも既読のままだった。










ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー










意見は様々だと思う、けれでも結果として小僧は彼女達にとって、魅力的な男性にはなれなかった。








浮気はする方に問題があると確かに思うけれど、果たしてする方だけが悪いのだろうか。







浮気をされて思った事は、される方も他の人に負けない魅力を提供出来ていれば浮気はなかったんじゃないかと思う事。







故に決して、浮気する方だけの責任ではないと思う事。








また大切な人がいきなり目の前からいなくなった時に思った事は、失いたくないものを失わない為に、失う怖さから逃げる事や自分の好意を伝えない事は、結果として1番大きな物を失うという事。








更に上記の逆説をたどれば







彼氏がいる女性をも魅了してしまう男、自分が狙った女性を魅了してしまう男が世の中にいる








という事。








この事を考えた時に、小僧はもっと女心を理解し魅了出来る男になりたいと思った。








そして、もっと女性に求められるような魅力的な男になりたいと思った。







見方を変えれば逃げなのかもしれないし、理解出来ない人もいるかも知れない。








それでも小僧はもっと女性との関係を増やし、女性の心が分かる男になりたいと思った。







その為に、もっと沢山の出会いを自分から捕まえに行こうとも思った。








こうして、小僧は誕生した。




















全ては、魅力的な男になり理想の美女を見つける為に。

Posted on 2016/01/22 Fri. 04:03 [edit]

category: 女性関係

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。